新アー写.jpg
 
 

2nd mini album『Sentimental Journeys』

“きっと今が今の連続なら 君はどこへも行けるでしょう”

前作1stミニアルバム『春を待つ人』がタワレコ新宿やHMV横浜ワールドポーターズなどでパワープッシュ、EggsやJ-WAVE MUSIC HYPER MARKETなど各方面でもピックアップされ話題沸騰中!RYOSUKE SUNSETが大切にしている「春」の解釈を一層深め、リスナーの心の奥に向かってしっかりと宛先のある本作は、希望とメッセージ性に満ち溢れた渾身の2ndミニアルバムとなっている。2019年春、最重要作品ここに完成!

1.センチメンタルジャーニー

2.コスモスは揺れる

3.手紙を書く人

4.線香花火が消える速度で

5.Sunset Song

6.ネバーエンディングストーリー

2019.2.13  LASR-0004 ¥1,800+tax

 

PICK UP

生配信ライブ
『SUNSET FOR THE MOON』
開催のお知らせ

生配信ライブ
『pre myself』
開催のお知らせ

自身初の弾き語りワンマン『myself』
開催再延期のお知らせ

栄ミナミ音楽祭'20
開催中止のお知らせ

 
生配信ライブ『SUNSET FOR THE MOON』
Jul 04, 8:00 PM
TwitCasting(ツイキャスプレミア配信)
 
LIVE
生配信ライブ『SUNSET FOR THE MOON』
TwitCasting(ツイキャスプレミア配信)
(終了) 生配信ライブ『pre myself』
Peatix
(開催中止)『栄ミナミ音楽祭'20』
(愛知・名古屋)
(開催延期)RYOSUKE SUNSET 1st acoustic solo oneman live『myself』
(東京・代官山)晴れたら空に豆まいて
 

誰の心にも落ちていく夕暮れのように

曖昧な日常の中、情熱とセンチメンタルを内に秘めたシンガーソングライター。

みずみずしく叙情的な歌詞とポップセンス溢れる爽やかなメロディが魅力。

タワーレコード新宿やHMV横浜、dヒッツ、Eggsなど各方面でパワープッシュアーティスト選出。

その他、J-WAVE MUSIC HYPER MARKETのリスナー投票にて殿堂入りアーティスト選出、全国のFMラジオ局パワープッシュ、FRESH! by Cyber Agentの音楽番組「ブレイクTIME」のオープニング曲選出、Qetic「SSW好き必見!星野源やmiwaらに続く2018年注目の男女若手シンガーソングライター5選」選出、総合音楽情報誌「CDジャーナル」で紹介されるなど、インディーズで無所属ながら高い評価を受けている。

HISTORY

2015年春、初音源となる1stシングル「桜が舞っている」をリリース。限定300枚が即ソールドアウトとなる。

2016年4月3日、初自主企画イベント「春を想う」を下北沢モナレコードで開催し、満員御礼の大盛況となる。

2017年4月5日、1stミニアルバム『春を待つ人』を初の全国流通でリリース。各方面でパワープッシュを受ける。同月、月見ル君想フ(青山)で開催したレコ発ライブも大盛況となる。

2018年3月21日、初の配信シングル「センチメンタルジャーニー」をリリース。

同年3月31日、自身初のワンマンライブ「いつかの春に逢いましょう」を晴れたら空に豆まいて(代官山)で開催し、大盛況となる。

同年5月、配信シングル第2弾としてコンセプトソング「Sunset Song」をリリース。

同年夏、全国のファンへライブを届ける為のクラウドファンディング「皆で作る『Sentimental Journeys』リリースツアープロジェクト」を目標106%達成で成功させる。

2019年2月13日、2ndミニアルバム『Sentimental Journeys』全国リリース。各方面でパワープッシュを受ける。

リリースに伴い、クラウドファンディングで実現させた全国4都市(熊本、大阪、仙台、東京)を巡る自身初のリリースツアーを実施し、大盛況となる。

2020年6月14日、自身初となる弾き語りによるワンマンライブ「RYOSUKE SUNSET 1st acoustic solo oneman live “myself”」を実施する。(開催延期)

春が来るたびに広がり続けるRYOSUKE SUNSETの活動に目が離せない。

 
 

CONTACT

ライブやイベントの出演依頼、メディアの方からのお問い合わせ等、こちらからご連絡をお願い致します。

 

©2020 RYOSUKE SUNSET all rights reserved.